楽天カードと楽天銀行どっちが先?順番と紐付け方法

楽天ポイントを効率よく貯めるには、楽天市場アプリのインストール・楽天カードの発行・楽天銀行の開設&紐付けは必須です!

 

クレジットカードは申し込みから発行まで時間がかかるので、先に申し込みをしておいて到着までにさくっと楽天銀行の開設手続きをするのがおすすめです♪

 

SPUの倍率を上げることで一回のお会計でもらえるポイントが増えるので、基本ステータスである楽天カードの発行と楽天銀行の開設・紐付けは一番始めにやっておきましょう。

 

今回は楽天で月10万~20万ポイントを貯めたいと言う方向けの手続き方法をご紹介します!

 

これができないと先に進めないので初心者でも分かるよう、ゆっくり詳しく解説していきますね!

 

目次

楽天カードの発行

「クレジットカードを持った手」の写真

まずは楽天カードの申し込みをしましょう!

 

楽天カードの発行はパソコンやスマホから簡単に行うことができます。

 

未成年の方の場合は保護者の方の同意が必要となります。

 

楽天カードは年会費の掛からないもの以外にもゴールドカード、プレミアムカードの選択ができます。

 

楽天ポイントを効率よく貯めるためにはゴールド以上をおすすめします。

 

楽天ゴールドカード

ゴールドカードは2,200円の年会費が掛かりますが、カード発行でSPUが+4倍となるので1年で最低でも5万円以上お買い物をすると言う方であればプラスになります!

(SPU5.5%計算で1,750ポイントとして)

 

・楽天会員 1%

・ゴールドカード 4%

・楽天市場 0.5%

 

 

さらに今回紹介する楽天カードと楽天銀行の紐付けで+1%、楽天証券のポイント投資で+1%とSPUは誰でも簡単に上げられるので、通常の楽天カードよりも断然お得なんです♪

 

 

ゴールドカードへの切り替えはカードが届いた後でも行えるので、年会費も掛かるし様子を見てから切り替えたいと言う方は通常の楽天カードの発行でもOKです!

 

 

 

楽天プレミアムカード

プレミアムカードはカード発行時のSPUは+2倍なのでゴールドカードと変わりませんが、追加でメリットがあります。

 

年会費が1万円と少しお高いのですが、国際線の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス(年会費4万2,900円)」無料で申し込みができます。

 

そのため海外出張や海外旅行で頻繁に国際線を利用するという方であれば、間違いなくプレミアムカードがおすすめです。

 

またプレミアムカード以上の保有者限定で、楽天ビジネスカードが発行できるので法人カードが必要な方にもメリットがあります。

 

 

ポイント還元においては、プレミアムカード到着後に「楽天市場コース」「エンタメコース」「トラベルコース」の3つの中からコースを1つ選ぶことができます。

 

楽天市場コース

楽天市場コースでは、毎週火曜日・木曜日がプレミアムカードデーとなり、楽天市場でのお買い物が+1%となります。

 

0・5の付く日やお買い物マラソンと合わせて活用することでさらにポイントがもらえるので、楽天市場でのお買い物が多い方はプレミアムカードの楽天市場コースがおすすめです!

 

エンタメコース

エンタメコースはRakutenTVや楽天ブックスの利用分でのポイントが+1%となります。

 

アニメ映画、マンガが好きな方はこちらのコースがおすすめです!

 

トラベルコース

トラベルコースは楽天トラベルでのオンラインカード決済が+1%となります。

 

さらに海外旅行時は自宅と空港間の手荷物を年に2回、無料配送してくれるサービスがあります。

 

かなり便利なサービスなので結構おすすめです。

 

ちなみに私はプレミアムカードの楽天市場コースを利用しています♪

 

 

 

カードの申請ができたら、楽天銀行の開設に進みましょう!

 

カードの引き落とし口座の設定は翌々月の25日までに行えば良いので、楽天銀行を開設し終わってからでも十分間に合います。

 

カードは1週間~2週間程度で郵送されるので、この間に楽天銀行の開設をしておきましょう!

 

楽天銀行の開設方法

「シンガポールドルなどの外貨」の写真

 

楽天銀行はネット銀行なので、インターネットから申し込みが可能です。

 

3分程度であっと言う間に手続きができてしまうのでとっても簡単ですよ♪

 

楽天銀行の開設には2点ポイントがあります。

 

 

まず一つ目はカードの選択です。

 

申し込みの際、お客様情報の入力、連絡先情報の入力の後にカードの種類を選択する必要があります。

 

この際必ず、デビット機能付のパンダカード、もしくはキャッシュ機能のみのものを選びましょう。

 

デビット機能は楽天ポイントを貯める上で特に使用する機会がないので、お好みで構いません。

 

年会費の掛かるゴールドカードや、クレジット機能付のキャッシュカードを選択してしまわないよう注意してください!

 

もし間違えて申し込みしてしまった場合は、手間と時間がかかりますが変更も可能です。

 

 

そして2つ目は楽天証券の口座開設です。

 

楽天銀行を開設する際、楽天証券の口座も同時に開設することができます。

 

楽天証券は楽天ポイントでポイント投資することができ、毎月500ポイント以上の投資でSPUの対象になるので必ず同時開設しておきましょう。

 

 

この2点さえ抑えておけば大丈夫です!

 

申し込みまでは手順に沿って入力するだけなので分からないことはないかなと思います。

 

ですが申し込み後には本人確認が必要です。

 

①楽天銀行アプリから送付する。

 

②書類を受け取った際に配達員提示する。

 

③郵送

 

の3通りありますが、一番おすすめなのはアプリでの本人確認です。

 

アプリストアから「楽天銀行」をインストールし、免許証などの本人確認書類を撮影して送るだけなのでスムーズに行うことができます。

 

楽天銀行のアプリは初期設定を行う際や、口座残高などの確認に役立ちますので、郵送や配達員への提示を選んだ場合でもインストールしておきましょう。

 

 

本人確認完了後、1週間~10日程度で口座開設完了を知らせる書類が登録した住所に郵送されます。

 

初期ユーザIDと仮のログインパスワードが記載された書類が入っているので、楽天銀行にログイン後暗証番号などの初期設定を行いましょう。

 

初期設定が完了すれば、楽天銀行のサービスが利用できるようになります。

 

 

楽天銀行の開設は公式HPから必要事項を入力して申し込みをしましょう。

 

 

 

楽天カードと楽天銀行の紐付け方法

「書類の判子をお願いできますか」の写真

楽天カードと楽天銀行の紐付けは、楽天カードアプリもしくは楽天e-NAVIから行えます。

 

口座開設・引き落とし設定の項目から、楽天銀行での引き落としが設定できます。

 

 

楽天カードのアプリも、月の入出金の明細が一目で分かるので、キャッシュフローを知るためにもインストールしておきましょう。

 

 

 

楽天銀行はセブン銀行などで入出金が行えます。

 

ハッピープログラムに応じて手数料が無料になるので、楽天カードと楽天銀行の紐付けをするだけで月に1度の取引が無料となります。

 

楽天カードはメインクレカにしたいけど楽天銀行はメインバンクにしたくない。

 

と言う方でも、月一回の入金が無料になるので振込手数料が掛からないのは嬉しいですよね♪

 

ゆうちょ銀行からなら、設定することでアプリ上で送金することもできるので、必ず楽天カードの引き落とし先は楽天銀行になるよう紐付けしてください!

 

小さな一手間が大きなお得になります!

楽天の攻略はSPUをあげること

握りしめたイチョウの葉とイルミネーション

楽天でポイントを効率よく貯めるには、いかにSPUを上げてもらえるポイントを増やすかが重要になります。

 

今回ご紹介した楽天ゴールドorプレミアムカードの入会(楽天会員も含む)・楽天銀行の開設&紐付けを行うだけで、SPUが6倍となります。

 

楽天攻略への第一歩が踏み出せましたね♪

 

さらに楽天証券のポイント投資を月500ポイント行うことで+1倍つきます。

 

このポイント投資は現金化することもできますし、何十年後日のために積み立てでコツコツ貯めていくこともできます。

 

やっておいて損することはないので、必ず毎月行いましょう。

 

ポイント投資についても今後記事を作成予定です!

 

さあ!ここまでできれば+7倍です!

 

10倍以上目指せるとかなり生活が豊かになります。

 

このように一歩一歩SPUをあげることでポイントのリターンを増やし、利益を上げていくことが楽天攻略の最重要項目です♪

 

 

 

 

最後まで閲覧ありがとうございました!

 

Twitter、Instagramで楽天攻略について投稿しています。

 

お得情報やお得商品など、楽天で生活を豊かにするためのHow toをご紹介中です♪

 

これから一緒に楽天の勉強をしてみませんか?

 

お気軽にフォローください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

オカメインコのくぅちゃん

ブログと旦那が大好き♡
InstagramとTwitterでは
楽天攻略について投稿してます。

目次
閉じる