Taimee(タイミー)の収入は確定申告が必要?雑所得ってなに?

履歴書、面接も不要で単発アルバイトができるTaimee(タイミー)というアプリがあります。

最近ではかなり有名になってきたので実際に利用している方も多いと思います。

今回はそんなタイミーで得たお金はどうなるのかについて説明していきますね。

まだアプリをダウンロードしていない方はこちらからどうぞ♪

タイミー | すぐに働けてすぐにお金がもらえる
タイミー | すぐに働けてすぐにお金がもらえる
開発元:Timee, inc.
無料
posted withアプリーチ
目次

Taimee(タイミー)とは

画像

Taimee(タイミー)は、株式会社タイミーがリリースした日本初のワークシェアサービスアプリです。

面接や履歴書は不要で、必要書類は本人確認書類(運転免許証など)のみになります。

スキマ時間にお金を稼ぎたい人と、人手不足の企業をマッチングさせるという新しい働き方を提供しています。

タイミーの仕組み

タイミーではアプリ内で、その日に募集している単発アルバイトを探すことができます。

タイミーを通して行った業務の報酬は、アプリ内に追加されます。

その後銀行口座に振込申請を行う。という流れです。

ios版のみ対応

ios版のサービスのみになっています。

android・web版のリリースは現在検討中です。

時期はTwitterなどで告知予定となっています。

未成年でも利用できるの?

未成年でも18歳以上であればタイミーの利用が可能です。

また民間企業の労働者の場合、業務は法律上禁止されていないので、ほかのアルバイトをしていても兼業で働くことができます。

ですが各企業ごとに規則が異なるので、最終的な判断はご自身で行ってくださいね!

タイミーの確定申告はどうするの?

画像

アプリに報酬が入るため、確定申告などはどうするのか疑問ですよね。

タイミーのアプリ内には、

タイミーを通じての業務は、ワーカー様と企業様との業務委託契約。

業務委託での報酬は、給与所得ではなく、事業所得もしくは雑所得。

源泉徴収ではなく、企業側で税金を引くことはない。

確定申告が必要で、通帳への入金が売り上げの証拠になるので、通帳のコピーでの確定申告となります。

ただし、年間所得が20万未満の場合は確定申告の義務はありません。

と書かれています。

給与という扱いにはならないので副業で得たお金のように、20万円を超える収入については自身で申請する必要があります。

 

くぅちゃんのアイコン画像くぅちゃん
なるほど!一年で20万を超える時は、確定申告が必要なんだね!

収入の管理はしっかりと!

画像

20万円を超えた雑所得は確定申告の義務があります。

タイミーからの給与が把握できるようしっかりと通帳記帳をして、コピーを提出するようにしましょう!

確定申告についてはスマホで完結できたりと、方法も簡単になってきているので気軽に行えそうですね♪

 

タイミーに似た人気アプリはこちら↓↓
シェアフル - 1日単位で短期のお仕事が探せるアプリシェアフル – 1日単位で短期のお仕事が探せるアプリ
Sharefull,inc.無料posted withアプリーチ

オカメインコのくぅちゃん

ゲームとブログとCTime♡
名前はお空へ行っちゃったオカメインコのくぅちゃんから。
ゲームはモバレジェが最近のお気に入りです。
食べて寝てゲームするのが最高の幸せ♡

コメント

コメントする

目次
閉じる